トップへ戻る

赤ちゃんに教えてもらう母乳が出ているかどうかのサインとは?

赤ちゃんの様子から分かる母乳不足のサイン

母乳がきちんと出ているかどうか、自分ではなかなか分かりにくいものですが、赤ちゃんの普段の様子から判断できることもあります。
以下の項目に当てはまるようであればもしかしたら母乳があまり出ていないかもしれません。
そんな時は「自分で出来る母乳対策」を試していただくか、「母乳の出が良くなるサプリメント」もお勧めしています。

 

母乳の出が悪いと思われる場合の赤ちゃんの様子

  • 授乳の間隔が短い
  • 授乳後も泣き続けていることが多い
  • 母乳を吸っている時間が長い、または凄く短い
  • おしっこの回数が少ない
  • うんちの回数が少ない
  • 体重がなかなか増えない

 

上記のような様子が見られる場合、母乳の出が悪い可能性があります。
特に「母乳を吸っている時間が長い、または凄く短い」場合には、吸っても吸っても母乳が出ていないために長時間吸っているか、もしくは母乳が全然出ないために早々に吸うのを諦めてしまっていることが考えられます。

一般的な授乳に掛かる時間

  • 生後3ヶ月頃まで:15分程度
  • 生後3ヶ月以降:10分程度

 

当然、上記の授乳時間には個人差がありますが、あまりにも時間に差があるようなら一度母乳が出るように対策をされることをお勧めいたします。

 

一般的な授乳の間隔

生後3ヶ月頃まで:約3時間毎

生後3ヶ月頃までは1回の授乳で飲む量がそこまで多くないため、授乳間隔は短いです。
3時間というのも個人差があり、1日に8回〜12回の授乳を目安にしてください。

 

生後4ヶ月頃:約4〜5時間毎

4ヶ月ともなると授乳の間隔が少し長くなります。1日の授乳回数は5〜7回くらいが目安になります。

一回にあげる母乳の量はどれくらいが良いの?

母乳が出ない出ないと言っても、逆にどのくらいの量の母乳をあげるのが良いのかも気になりますよね。
月齢による一回の母乳の量の目安は以下の通りです。ぜひ参考にしてください。

  • 生後1日目:20ml/1回
  • 生後2日目:30ml/1回
  • 生後3日目:40ml/1回
  • 生後4日目:50ml/1回
  • 生後5日目:60ml/1回
  • 生後6日目:70ml/1回
  • 生後7日目;80ml/1回
  • 生後1週間〜1ヶ月:80〜120ml/1回
  • 生後1ヶ月〜4ヶ月:200ml/1回
  • 生後4ヶ月〜6ヶ月:200〜220ml/1回+5ヶ月目頃から離乳食を1日1回
  • 生後6ヶ月〜9ヶ月:200〜220ml/1回+離乳食を1日2回
  • 生後9ヶ月〜12ヶ月:200〜220ml/1回+離乳食を1日3回

まとめ

いかがでしたでしょうか。これで赤ちゃんからの「母乳が出ていないSOS信号」をキャッチしてぜひ対策をしてみてください。
もちろん母乳の出には個人差がありますので、あまり神経質にならずに根気強く改善していきましょう。