トップへ戻る

母乳と生活習慣の乱れの関係

母乳が出ないことで悩んでいる女性が多いですが、精神的なストレスや睡眠不足、運動不足などの生活習慣が原因の可能性があります。授乳中の人は、普段よりも水分不足になりがちなので、こまめに水分補給をすることも大事です。体が冷えていると、血流が悪くなってしまうので、入浴をしたり、保温性の高い衣類を着用することも大切です。

こまめに水分補給をしましょう。

初乳には、赤ちゃんの健康維持や免疫力向上のために欠かせない成分が含まれているので、なるべく母乳で育てたいと思っている人がほとんどかと思います。

 

しかし、慣れない子育てで精神的なストレスを感じたり、夜泣きなどで睡眠不足気味の人は、母乳でないことで悩んでいる人が増えていることも事実です。

 

母乳がでない原因は、精神的なストレスや睡眠不足、運動不足による血行の悪さなどがあります。
普段の生活では、体を冷やさないように冷たい飲み物は控えて、温かい飲料を飲むようにしたり、お風呂でゆっくりと入浴をすることも大事です。

 

運動不足気味の人は、体の血流が悪くなってしまうので、ストレッチやウォーキング、雑巾がけなどの無理のない運動を行うと良いでしょう。
母乳がでないことで、悩んでいる人が多いですが、夜更かしや偏食などの生活習慣が原因の可能性もあるため、朝型の規則正しい生活を心掛けることも大切です。
赤ちゃんがいる人は、睡眠不足になりがちなので、昼間に赤ちゃんが眠っている間に、少しでも仮眠を取ると良いでしょう。

 

また、授乳中の人は水分不足になりがちなので、普段よりもしっかりと水分を摂ることが大切です。
水分不足対策には、ミネラルウォーターや水素水、カフェインが含まれていないお茶などを、こまめに飲むようにして下さい。

 

母乳と水分補給の関係の詳細はこちら

十分な睡眠や休息を心掛けましょう。

母乳は血液で作られていますが、冷え性で貧血気味の人は、そうでない人に比べると母乳がでない悩みを持たれている人が多いです。

 

貧血を予防するためには、ほうれん草やレバーなどの、鉄分を多く含んでいる食品を食べたり、調理をする時は、鉄鍋などを使って調理をするのもお勧めです。

 

偏食気味の人や、少食の人は、ビタミンやミネラル、タンパク質などが不足しやすく、母乳がでない原因になってしまうので、栄養価の高い食事を心掛けて、対策を立てる必要があります。

 

母乳のためのおすすめの食べ物はこちら

 

また、赤ちゃんが乳首を吸ってくれると、母乳がでやすくなるので、こまめに授乳をさせることも大切です。
寝不足や食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣が原因で、母乳がでない人が多いので、体の調子を整えるために十分な休息や睡眠を心掛ける必要があります。

 

兄弟姉妹やご両親などの協力が得られる場合は、一時的に子育てを変わってもらうことで、ストレスを緩和したり、疲れた体を回復させることができます。
身近に頼れる人がいる場合は、たまに甘えさせてもらうことも重要ですね。

 

精神的なストレスが緩和されると、自律神経の働きやホルモンバランスも整ってくるので、体調も良くなってきます。
体調が良くなり体の血流が良くなってくると、母乳の出も良くなってくるので、普段から保温を心掛けたり、過度なストレスを溜めないことがポイントです。

 

母乳とストレスの関係の詳細はこちら

まとめ

母乳が出ないことで悩んでいる人が多いですが、生活習慣や食生活を見直したり、こまめに水分を補うことで、改善が可能になっています。
精神的なストレスが多い生活をしていると、体の血流が悪くなってしまうので、身近に頼れる人がいる場合は、子育てを手伝ってもらうことも重要です。
ぜひ、十分な休息や睡眠を心掛けて生活してください。