トップへ戻る

母乳が出ない原因と対策方法

赤ちゃんが生まれて喜びもひとしお、というところでお母さんを最初に悩ませるのが”母乳の問題”

 

出る人は出ますが、出ない人は劣等感に悩まされることもあります。赤ちゃんが吸ってくれないのが問題なのか、いろいろな原因が考えられますが、決して自分だけが抱えて悩むことではありません。

 

たくさんのお母さんが悩んでいる問題です。一緒に解決していきましょう。

どうして大切な母乳がでないの?

母乳がでないことにはさまざまな原因が考えられます。

 

まず母乳の基となるのは、お母さんの血液です。血液であることを考えると、母乳がでない原因には血行不良もしくは血液不足が考えられます。

 

血行不良の場合は、体が冷えていることが考えられますので、なるべく体を温めることを意識しましょう。冷たい飲み物は摂取せず、温かい飲み物を摂取してください。水分補給は常温の水を用意するなど、とにかく冷やさない生活を送りましょう。

 

そして血液がもともと少ない、貧血の場合ですが、これはすぐにはなかなか解決できません。ですが、まずはこまめに鉄分を補給することを考えましょう。食べ物から摂取するのが大変という場合は、母乳が出やすくなるためのサプリメントなどもあるので、一度試してみると良いと思います。

 

オススメ母乳サプリはこちら

 

さらに母乳が出ないということからくるストレスも母乳にとっては良くありません。たくさん出るお母さんと比べると子どもがかわいそうになってしまい、劣等感に悩むお母さんも多いのですが、そのように悩むと余計に精神的ストレスがかかり、ミルクが出なくなってしまいます。

他に考えられる「母乳がでない」原因とは?

他にはお母さん自身の睡眠不足も原因となります。赤ちゃんの対応に追われて眠れないことがたくさんあるお母さんですが、睡眠中には母乳の生産を活発にするプロラクチンという成分が脳から分泌されます。しかし眠っていなければもちろんその成分が母乳に働きかけることができません。

 

さらに考えられるものには乳管の詰りが考えられています。これは実は悪循環になりやすい問題です。赤ちゃんが母乳を吸っても乳管が詰まっているので、あまり出ません。出ないので、赤ちゃんの母乳を吸う力が弱まり、さらに乳管を詰まらせてしまいます。すると次第に赤ちゃんが母乳を吸わなくなる、ということにもなりかねません。このような場合は乳管の通りをよくする必要があります。
最近は乳管の通りを良くするお茶なども発売されていますので、血行をよくするなどと含めて摂取してみるのもよいでしょう。

 

上記とは少し異なりますが、赤ちゃんが生後1、2か月のときはまだまだ母乳がうまく吸えません。赤ちゃんが吸わないのではなく、まだ吸うことに慣れていないだけなのです。
ですのでそんな時はあげるおっぱいを左右反対にしてみたり、抱き方を変えるようにしましょう。今まで吸わない一点張りの赤ちゃんが、突然母乳を吸い始める、ということがよくあります。

母乳が出ないママの割合は?粉ミルクでも大丈夫?

妊娠中のお母さんにとって、生まれてくる赤ちゃんに対する授乳の方法は、気になることの1つかと思います。育児雑誌等を見ていて、「完母」「混合」「完ミ」という言葉を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

同時に「母乳で育てたいけど、本当に出るのかな?」と不安なお母さんもいることでしょう。そこで、母乳が出ないお母さんの割合やその場合の対処法についてもご紹介していきます。

 

母乳がでない!その原因は?

「完母」つまり「完全母乳」で育児をしたいというお母さんもいらっしゃると思いますが、実は完全母乳育児が上手くいく人ばかりではありません。

 

体質的に母乳が出にくい方や、一滴も出ないという方もいるのです。厚生労働省の調査によると、何らかの原因によって母乳育児をしていないお母さんの割合は、平成17年で5.1%とのことでした。

 

そこで、母乳が出ない・出にくい原因をまとめてみました。

【母乳が出ない・出にくい原因】

1.血行不良、貧血

母乳の原料はお母さんの血液です。そのため、「血行が悪い=母乳でない」という図式となります。お風呂では湯船につかったり、日常的に軽い運動をするなどして、血行をよくするための工夫をしましょう。また、サプリメントや普段の食事などから鉄分を積極的に摂取するようにしましょう。

 

2.ストレス

慣れないことの連続や睡眠不足で、ストレスがたまりがちになるのが育児です。このストレスによって母乳の出に影響が出るともいわれています。また、母乳が出ないことによるストレスでさらに母乳でない状況になるという悪循環にもなりえます。神経質になりすぎず、赤ちゃんが眠ったタイミングで睡眠をとるようにするなど、極力ストレスをためないように心がけましょう。

 

3.乳管のつまり(体質)

体質によって、乳管が細くつまりやすい、という人もいます。詰まりが悪化すると炎症を起こす場合もありますので、病院や助産師さんに相談するなど対策をしましょう。
母乳外来を利用すれば、母乳育児に関する悩みを聞いてくれたりアドバイスをもらうことができます。また、場合によっては母乳が出やすくなるようにマッサージをしてくれることもありますので、積極的に利用しましょう。

 

全国の母乳外来医院一覧はこちら

 

4.赤ちゃんがしっかりと深く乳頭をくわえられない

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳を飲むことに慣れていません。そのため深く乳頭をくわえることができず、うまく母乳を飲めないということがあります。焦らず、左右逆にしたり、抱っこの体制を変えてみるなど工夫をしてみましょう。

 

粉ミルクでも大丈夫!

出産後、母乳が出ると思っていたのに全く出ない、または不足気味でショックを受け、神経質になって落ち込むお母さんもいます。

 

しかし、授乳方法は赤ちゃんとお母さん自身や、環境に合わせて変えていくこと、変わっていくことが多いですから、決して「母乳でない=悪い」ではありません。

 

割合が低いというだけで、完全粉ミルクで育児をされているお母さんも一定数いるのです。

 

特に最近の粉ミルクは以前と比べて栄養価が高く、母乳に近い栄養成分となっています。また、完全粉ミルクによるメリットもたくさんあります。

 

完全粉ミルクによるメリット

1.ストレス軽減

母乳が出るというお母さんでも、毎回赤ちゃんが満足する量を出せるかというとそうではありません。そうすると、母乳が出ない場合にストレスを感じます。完全ミルクの場合は、その心配がありません。

 

2.いつでも、だれでも、どこでも授乳可能

完全母乳の場合、お母さんだけではなくお父さんやその他の家族も授乳をすることができます。お母さんの負担も減らせますし、家族で育児をしているという一体感を生むこともできます。

 

3.量がわかりやすい

ミルクの場合、哺乳瓶で授乳するので、赤ちゃんが飲んだミルクの量が一目瞭然です。そのため、ちゃんと必要な量を飲めているかな?と心配する必要がありません。

 

4.ビタミンDを摂取しやすい

今の粉ミルクは、母乳と同等の栄養素のほか、母乳に含まれていない栄養素も含んでいることが多いです。特に母乳にはほとんど含まれていないといわれているビタミンDが含まれた粉ミルクもありますので、赤ちゃんの成長を促すことができます。

まとめ

母乳が出ないことには上記のようなさまざまな理由があり、またそれらが合わさって複合的になっている場合があります。血行不順や貧血、ストレス、乳管のつまりや赤ちゃんの吸う力の問題など、さまざまな理由があり一概にどれとは断定できません。

 

母乳が出なくて悩んでいるお母さんもいると思いますが、悩んでいるのはあなただけではありません。また、大きくなれば完全母乳で育った子も、混合の子も、完全ミルクの子も関係なくなります。

 

赤ちゃんを、今の環境やライフスタイルの中で、健康に成長させられる方法であれば、どんな方法でもいいのです。一人で悩まずに、お母さんと赤ちゃんが健康で笑っていられる法を選んで、幸せな育児をしてください。