トップへ戻る

授乳中はタバコは厳禁!禁煙しましょう!

授乳期間中にタバコを吸うとどんな危険性がある?

授乳期間中にタバコを吸うと、タバコに含まれる「ニコチン」という有害物質が母親の血液から母乳に渡り、ニコチン入りの母乳が出来上がります。お母さん本人がタバコを吸っていないとしても、周りにタバコを吸う人がいれば副流煙によって受動喫煙をすることになります。当然、受動喫煙によってもニコチン入りの母乳になってしまうため注意しましょう。ニコチン入りの母乳を飲んだ赤ちゃんは嘔吐や下痢に加え、不機嫌になったり眠らなくなったりすると言われていて、これらは急性ニコチン中毒の症状になります。
また、SIDS(乳児突然死症候群)もお母さんが喫煙者であったり乳児に副流煙を吸わせてしまうことで発生率が高まると言われています。

 

※SIDS(乳児突然死症候群)についての詳細はこちら>>

 

その他にも、ニコチンを含んだ母乳を赤ちゃんに与えることで下記のようなリスクがあります。

  • 喘息
  • 肺炎
  • 白血病
  • リンパ腫
  • 脳腫瘍
  • 中耳炎
  • アレルギー
  • 低身長・低体重

 

タバコ

喫煙で母乳が出なくなる?

「妊娠中は禁煙をしていたけれど、出産後しばらくしてまたタバコを吸うようになってしまった。」「タバコを吸うようになって母乳が出なくなった」という声を少なからず聞きます。タバコと母乳の出には関係があるのでしょうか。
結論から言うと、タバコを吸うことで母乳が出なくなるという可能性は多いにあります。全く出なくなるというわけではなく、母乳の出が悪くなると言った方が正しいですね。
その原因は、タバコを吸うことで血中の一酸化炭素濃度が上がること。一酸化炭素濃度が上がると血管が収縮し、血液の巡りが悪くなります。症状が酷い人だと貧血になってしまう場合もあります。
血液の巡りが悪くなれば当然母乳の出も悪くなってしまいます。